世界でひとつの宝物をつくる!こだわりの秦野注文住宅ガイド » デザイン・ジャンル別!注文住宅事例まとめ【秦野編】

デザイン・ジャンル別!注文住宅事例まとめ【秦野編】

ナチュラルな家、カントリースタイルの家、シンプルモダンの家、和モダンの家、オシャレ平屋について解説し、施工事例や施工している工務店について紹介しています。

ナチュラルな家

基本となるモダンスタイルの家にナチュラルテイストを取り入れたデザインの家をナチュラルスタイルといい、完全にナチュラルというわけではなく近代的な建築素材の中に木材など自然素材の質感を生かした家です。壁、床、天井、梁、柱など良く目につくところに木材を使うことが多いですが、自然なものをどこまで取り入れるかは設計者の個性とセンス次第となり、腕の見せどころともいえます。

カントリースタイルの家

ひと昔前の欧米の古民家風な素朴で懐かしいスタイルのことをカントリースタイルといい、大きく分けるとアメリカンフレンチブリティッシュの3タイプがあります。アメリカンカントリーはヨーロッパ移民の持ち込んだものにネイティブアメリカン文化を取り入れた開拓時代のアメリカ風、フレンチカントリーは花柄やフリル等を使い基本カラーは白や茶色のフェミニンなスタイル、ブリティッシュカントリーは上品さと落ち着いたエレガントさのあるシックで格調高い雰囲気のスタイルです。

シンプルモダンの家

シンプルモダンとは文字通り飾り気がなくシンプルで現代的なイメージで、ガラス、金属、強化プラスチックなどの無機質素材を使った直線的で機能的なスタイルのことをいいます。住宅でいうなら現代的なデザインと工法を全面に打ちだした直線的、無機的、シンプルなデザインが特徴の家になり、コンクリート打ちっぱなし、スリット窓、ダウンライト、ガラスブロック、アクセントウォール、スキップフロア、スケルトン階段などを施工することが多いです。

和モダンの家

内装に白壁、珪藻土、無垢材、畳、襖、障子といった和風テイストの建具や家具を取り入れ、外装には瓦や白壁を使って和風テイストとする中に欧米のモダンスタイルも併せ持っている家を和モダンの家といいます。懐かしいながらも新感覚的スタイルの雰囲気の住まいを建てることができるので、最近人気のスタイルとなっています。

オシャレ平屋

日本ではもともと平屋の家が中心でしたが、狭い土地でも部屋数が確保できることから複層階の住宅が普及してきました。しかし最近は少子化、核家族化による世帯数減少や高齢化によるバリアフリーの必要性から平屋を建てる人も増えてきています。どうせ平屋を建てるなら長く愛着を持って住めるオシャレな平屋にしたいとスタイリッシュでスマートなオシャレ平屋を施工する人も多いようです。